コンタクトプローブカシメ装置

コンタクトプローブカシメ装置

極細φ0.135の実績があります

コンタクトプローブをカシメる装置「トライデント-FK03」
ワークのセットは手動、カシメ動作は自動で行う機構です。
卓上サイズで極細のコンタクトプローブのカシメが得意です。
当社独自のCUエントリーシステム搭載により、本体1台で複数ワークに対応可能です。

CUエントリーシステム搭載
(CU = チャックユニット)

プローブチャック部、カシメ部が容易に脱着可能なため、本体1台で様々なプローブ径、カシメ点数に対応可能なシステムです。

  • カシメ点数変更が容易に行えます。

  • プローブ径の変更が、プローブチャック部の交換のみで、簡易に行えます。

参考価格

プローブ外径数値を入力するだけで参考価格を確認できます。PDF形式でダウンロードできます。

ニードル

φ0.1未満および1.0超はお問い合わせください。

-万円

ロール

φ2.0以上となります。
こちらは要相談となります。

詳細についてはお問い合わせください。翌営業日中にご返信いたします。

よくある質問

Qコンタクトプローブの径はどのくらいから対応可能ですか?
Aφ0.1~対応可能です。
Qニードル式の場合、カシメ点数は何点になりますか?
A2点・3点・(4点開発中)から選べます。
Qカシメ位置は調整可能ですか?
A高さ・深さ・押し圧・押し時間が調整可能です。
Q両端カシメ可能ですか?
A片側ずつ、段取り替えにより可能です。プローブ位置決め保持ユニットがオプションで必要です。
Qニードル式デモ機でサンプル品を加工が出来ますか?
A現在準備中です。
QCUエントリーシステムってなんですか?
A対応プローブ径とカシメ点数を簡易に変更できるシステムです。
Q装置に合ったカメラや顕微鏡も付いていますか?
Aオプションで対応可能です。