株式会社テー・シー・アイ
ホーム > 設計・製造実績 > 転倒防止装置

転倒防止装置[アンチガル グライド(Antigal GLiDE)]
    −−−−− (特許出願中) −−−−−

機能・特徴

 

転倒防止装置[アンチガル グライド(Antigal GLiDE)]の動き

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

地震が発生し書架が転倒モーションに
入りますと、書架を後方へ傾斜させ、
重心を後方へ持って行くと同時に、
スライド移動分、アームを出すことにより
書架の転倒支点(回転の支点)も
前に移動しますので
より転倒しにくくしております。
 
地震後の復帰は、書架下部を押し込む
ことにより元に戻ります。
注)取扱説明書の注意事項を確認し
  作業して下さい。


社内での簡易的な動作実験動画

一般的な固定方法の注意事項と弊社の転倒防止装置

機能・特徴

一般的に地震対策として推奨される方法は、上図のようなポール式器具や金具を使用した
固定する方法ですが、それぞれ有効に機能させるには、ポール式の場合は、天井に強度が
必要であったり、金具式の場合は、止めネジがしっかり留まるように梁の部分に用いなくては
なりません。
また、ここには有りませんが、粘着式の固定方法は、壁面が壁紙や塗装面ですと
粘着式の固定部品が強力な粘着力を持っていましても、壁紙や塗装自体が剥がれてしまい
有効に固定できない場合が御座いますので、十分な注意が必要です。
 
弊社の転倒防止装置は、オフィス書架の巾木(ベース)の代わりに取り付けるだけで
上項の様な動作をし、地震による書架の転倒を軽減させるものです。
 
地震対策はしたいのだが、フロアにキズを付けられない場合や
天井強度や梁の関係でお困りの場合
弊社、転倒防止装置[アンチガル グライド]を地震対策の御検討の中に
加えていただけたらと思います。

高層ビル内部が地震でメチャメチャに破壊される様子[Youtube]

家具転倒のメカニズム

一般的に家具であれ、建物であれ、ものにはすべて重心があり、それぞれの重心の位置は、
プロポーションつまり幅や奥行き、高さ、そして重量などによって決まります。
この重心が、低ければ低いほど倒れにくいはずですが、造り付けででない家具のように床の上に
置いただけのものは、重心の低いものであっても、実際には建物の構造や階数、置かれた部屋の
状況によって倒れやすさが違ってきます。
たとえば、建物が鉄筋コンクリート造りの集合住宅であるか、それとも木造の戸建住宅であるか
などによって揺れ方は違いますし、同じ集合住宅でも、建物の高さや階数によっても、揺れ方は
違います。

 

平常設置状態


家具の全重量(W)が、家具の重心
(G)から真下に働いている時には、
家具は安定しています。

地震力が加わった状態


そこに地震力(P)が、働いた場合、
家具は動きます。

強い地震力が加わわり転倒状態


さらに強く地震力(P)が働くと
家具の重心(G)が移動し、ラインaを
越えると家具は転倒します。

 

 

 ・家具の転倒防止対策に関する検討委員会様 パンフレットより抜粋。
  詳しくは、リンクページの「消防防災博物館」を御参照下さい。

重い物は低い所へ

重い物ほど下に入れる−−−これは家具を倒れにくくするための大原則です。
たとえば、食器棚では陶器やガラスでできた大きくて重いもの、
本棚では百科事典や全集などの重い本を下段に入れること、家具全体の重心が
下がるので倒れにくくなります。
重い物が高い位置から落ちてくる時の危険性も考慮すると、やはり下に入れた方が
良いでしょう。

重心比較図


上図は、地震力(P)が働き、家具が同じ角度に前傾した状態の図です。
図aと図bの違いは、重心の高さで、図bの方が図aより重心位置が低くなっています。
図aを見て頂きますと、重心位置がラインaを越えてしまっていますが
重心の低い図bは、傾斜角は同じですがラインaを越えておりません。
この図からも解りますように、重心は低い方が、転倒の危険が減りますので
重い物は、極力下段に載せ重心位置を下げることをお薦めします。

 

 

 ・家具の転倒防止対策に関する検討委員会様 パンフレットより一部抜粋。
  詳しくは、リンクページの「消防防災博物館」を御参照下さい。

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ電話番号:03-3743-5265 メールでのお問い合わせはボタンをクリックしてください。

設計・製造実績はほかにもございます。